窓際で握手するビジネスマン

初めての方へ代表 南澤 博史 よりのメッセージ

~限られた資源を最大限に活用し、自社の成長を実現させたい経営者の方々へ~

代表 南澤

当ウェブサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

南澤コンサルティング代表の南澤です。

弊社は、「全員参加底上げ型機動的店舗経営®コンサルティング」を推進するために設立されました。業種や業態を問わず日本全国の営業所、販売店、店舗の経営改善と成長を目指しています。また、人材育成や定着の難しさ、売上低迷への対策、メンタルヘルスの問題など、経営者の方々が直面するさまざまな課題の解決をサポートしています。

私自身の経験や思いから、特に「人」を最も重要な資源と位置づけながら、限られたリソースを最大限に活用し、機動的な経営で売上向上を目指すコンサルティングを実施しています。変化の激しい時代の中で、人材不足は社会問題となっており、弊社の役割はますます重要性が増していると考えています。

かつての時代は、残念ながら人を大切にするよりも、新卒採用においては大量採用し、そのうち一部が残れば良いという考え方が一般的でした。しかし、現在の状況は全く異なります。一人一人を大切にしなければ、どの企業であっても必ず人材不足に陥ります。

また、従業員を新卒から定年まで雇用する日本的な経営の三種の神器の一つである終身雇用制度の崩壊により、労働力の流動性が高まりました。そのため、新卒採用だけでは賄えない人材を中途採用などで補う必要があり、それが企業風土や組織文化にも影響を与えています。このような変化により、教育や人材育成の現場も見直される必要が生じています。

しかしこのような変化は、中途採用者に限ったことではありません。新卒採用者に対する教育現場も変化しています。かつてのように、新入社員を自社に合わせようと教育しても上手くいかないという状況が生じています。会社の考えや文化を強制するだけではうまくいかなくなりました。また、世代間のギャップによるコミュニケーションの難しさも指摘されています。さらに、若い世代に多い「新型うつ」をはじめとするメンタル不調や発達障害などの問題も増加し、「人」に関する課題はますます難しさを増しています。

さらに、最も重要な資源である「人」に対する「考え方や認識の違い」も大きな問題となっています。成果を出せない人に対して、古い考え方や誤った認識を持つ従業員や経営層が存在していることも、残念ながら事実です。

ただし、そのような考え方を持たない人々でも、実際に成果を出せない人を抱える現場では多くの問題が生じます。成果を出せない人が離職するケースや、繰り返し指導しても成果が出ないために「周りが疲弊してしまう」ことが非常に多くあります。一生懸命であればあるほど、お互いが不幸になりますので、そのような不幸を防ぐ必要があります。

働き方改革の進展により、上司と部下のコミュニケーションの機会は減少しました。かつては朝から晩まで仕事をして、仕事が終われば上司や同僚と飲みに行き、そこでも仕事の話をするなど、上司と部下や同僚が接する時間が圧倒的に長い状況でした。結果として、コミュニケーション能力や業務の知識やスキルも自然と高まりました。しかし、現代はどうでしょうか?残業は減少し、終わった後に上司や同僚と食事や飲みに行く人も減りました。その代わりにSNSなどのコミュニケーション手段が主流となっていますが、それが業務に活かされるかどうかは別の話です。

これらの理由から、現代の経営環境や育成の仕組みを見直し、全員が自発的に協力し合い成果を出すチームづくりが不可欠です。私たちは全員の協力によって一人一人の能力を底上げし、増客と売上向上を実現する機動的な経営の実現を目指しています。全員が自発的に協力し、成果を出すチームづくりを実現するために、マネジメントと人材育成を軸に、お客様を増やし守る「ストック型営業の仕組み」を体系化しています。

弊社が目指すのは、貴社の持続的な成長です。従業員一人一人の能力を最大限に引き出し、貴社の成長を促進する仕組みを構築したいと考えています。そのためのノウハウを提供し、経営者や店舗経営者の方々が主体となって実践していくことを目指しています。弊社自身が一方的な押しつけのコンサルティングをするのではなく、独自のコンサルティングプログラムを持ちながらも、すべてを個別にカスタマイズするスタイルを採用しています。また、無駄な先延ばしや業務の代行に頼ることもありません。詳細については【コンサルティング方針(リンク)】をご覧ください。

私自身は部下を育成する中で、育てられないのは自分の責任だと考え、逃げずに常に取り組んできました。育てられないのは、自分の能力やスキルが不足していることに気づきました。そして、正しい方法であれば誰でも成長できることを目の当たりにしました。

一人での育成は非常に難しい(正直言って無理)ですが、全員の協力によって一人一人の能力が確実に向上します。さらに、トップが逃げ出さず真摯な姿勢を示すことで、不思議と全員が自発的に協力し、自立性や主体性が促進されます。もちろん、そのためにはさまざまな仕組みや取り組みが必要です。

これらの仕組みによって、直接的に助けられる従業員だけでなく、周りのスタッフが疲弊することなく笑顔で働ける職場づくりを目指します。モチベーションが高まったスタッフはメンタルヘルスの問題が起こりにくく、生産性も確実に向上します。

底上げ化は難しいと思われがちです。確かにその通りです。単に、部分的な施策で行動レベルに落とし込むだけでは問題は解決しません。しかし、全体最適を目指す戦略に基づいた再現性の高いノウハウがあれば、問題ありません。特別な施策ではなく、凡人を凡事徹底で育成することも可能です。それを個人のマンパワーではなく、仕組みで解決するのが弊社のコンサルティングです。

「全員参加底上げ型機動的店舗経営®」を実現するための4つの戦略について

全員参加底上げ型機動的店舗経営®を実現する

  1. ①店舗経営とマネジメント戦略
  2. ②人材育成戦略
  3. ③新規顧客獲得戦略
  4. ④顧客関係性強化戦略

以上の4つの戦略を中心に、「ストック型営業の仕組み」を構築できる体系化されたコンサルティングプログラムをご用意しています。しかし、単にプログラムを押し付けるのではなく、貴社の経営資源と状況に合わせて個別にカスタマイズしたコンサルティングを実施します。詳細は【コンサルティング(リンク)】をご覧ください。

弊社がお手伝いできるのは、育成が上手くいかない、チームワークや活気がない、お客様が増えない、一時的な売上増加が持続しない、など悩んでいる経営者の方々です。

以下のような課題を解決するお手伝いをします。

  1. お客様を増やし守る仕組みを構築したい
  2. 一時的ではなく持続的に売上を上げていきたい
  3. 皆が自発的に協力し合えるチームを育てたい
  4. 底上げ化を実現したい
  5. 人を育成する仕組みを構築したい
  6. 人を大切に育てていきたい
  7. 人が辞めない職場づくりをしたい
  8. 働きやすく活気のある職場づくりをしたい
  9. メンタルヘルス不調の従業員を減らしたい
  10. 皆が健康で笑顔で働ける職場づくりをしたい
  11. 店舗責任者を育て育成する仕組みを構築したい
  12. 営業力を強化したい
  13. 最適な営業戦略の立案をしたい
  14. マネジメントの仕組みを構築したい
  15. 生産性を上げたい

~最後に~

人を育成することはさまざまな苦難が伴いますが、真摯に向き合い、逃げずに取り組む姿勢や、経営者や店舗経営者の方々が逃げ出さない姿勢を示すことで、独自のチームワークを築くことができ、大きな成果を生み出します。そのような姿勢と努力は報われ、必ず道は拓けます。

私たちは経営者や店舗経営者の皆様と協力し、経営課題を解決し、貴社の成長を支援することを使命として日々取り組んでいます。経験とノウハウを活かし、最新のトレンドや市場環境を踏まえた戦略立案と支援策を提供します。私たちの考えにご理解いただけるのであれば、ぜひお声がけください。貴社のお悩みの解決のために全力でサポートいたします。

株式会社 南澤コンサルティング
代表取締役

南澤博史

     

メールマガジン— 購読無料 —

コラム更新情報のほか、各種ご案内などを
お届けしています。ぜひご登録ください。